【ランモバ日記】女神の試練 サンダードラゴンLV55クリア!

スポンサーリンク

第58回

【ランモバ】女神の試練 サンダードラゴン レベル55【プレイ動画】

サンダードラゴンが強すぎる。

サンダードラゴン>(超えられない壁)>アイスドラゴン>>>ファイアードラゴン>ダークドラゴンぐらいな感覚。サンダードラゴンだけ別格だわ。

最近のサンダードラゴンの日は毎回レベル55を3回か4回ほど挑んでたんですけど、やっとクリアできました。それもかなりギリギリ。辛すぎる。

今回のメンバー紹介

レディン(キング)→盾役。テンプラーだと即死するので、このためだけにキングに戻りました。往復6万。辛い。

ベルンハルト→覇気によるバフ剥がし兼アタッカー。エルウィンの大喝だけでは間に合わないのでベルンハルトにも頑張ってもらいます。もう少しベルンハルトが強くなれば単体で行けるはず。

エルウィン→大喝によるバフ剥がしと攻撃ダウン狙いと、アタッカー2号。こちらは大喝のCD時間の関係で毎回バフ剥がしができません。なので単体は厳しそうでした。エルウィンとベルンハルト、どちらか単騎の場合はベルンハルト優先でよさそうです。

ティアリス→進撃目的。また、ライトニング撃った次のターンに癒しを撒いて回復してくれるのを祈ります。

アメルダ→サンダードラゴンの攻撃を釣るのと、タレントスキルによりデバフを叩き込むのと、タレントスキルで回復をさせる係。アメルダ素晴らしすぎる。育ってなければ危なかった。

この5人になります。リアナはホーリーヒールのCD時間の関係で今回見送りましたが、攻略途中でヒールで回復させることが可能なターンがあるのに気が付いたのでティアリス→リアナの方がよかったかなとも思いました。

雑魚はレディン辺りで釣ってアタッカー組に殴ってもらいます。滅茶苦茶硬いんですが、水の上にいる扱いになるバフを取り除けば一気に柔らかくなるので大喝、覇気で剥がそう。

割と雑魚戦も辛いです。サンダードラゴン戦を考えて歩兵2人入れてるんですが、その結果雑魚戦で手間取ってます。なお、片方をレオンに変更し雑魚を瞬殺するパターンも試しましたが、サンダードラゴンの体力が半分も減らせませんでした。

結局サンダードラゴンを単騎で倒せるだけの歩兵がいないのであれば、力を合わせて頑張るしかないっぽいです。

個人的に怖いのがこのオーガ。大喝でバフ飛びます。2体同時に釣るとかなり痛い上に、弓兵が強化不能も撒いてくるのでうまく1体ずつ釣ろう。

ぶっちゃけここまでの雑魚戦だけでもかなりキツイんですが、ここからが本番です。
ここから雷竜戦。

とりあえずこんなフォーメーションを作り、ライトニングを撃たれないようにしつつ、レディンで攻撃を受け止めます。この時、敵にバフがかかっててもまだ大喝は使いません。

ライトニングは範囲内に2人いると使ってくるのでとりあえず片方突っ込ませて、もう片方は4マスの所で待機でいいと思います。

あと、アメルダも4マス先の場所で待機。タレントスキルでデバフが入るのと、レディンのガードで安全に攻撃をやり過ごせます。

次のターン、ベルンハルトが敵に近寄ったら大喝で敵のバフを剥がし、攻撃ダウンも入れます。

このターン、ライトニングが飛んでくるんですがここで攻撃アップがかかってるとまず壊滅すると思います。

ライトニングを使うターンは最低でもバフ解除、できれば攻撃ダウンまで入れておきたいです。なので大喝はライトニングを使われるターンの直前に使うと良い感じ。

ライトニングが来た次のターンはヒールで回復させておくと良いと思います。

プレイ時(動画)では最初これに気が付いてなかったんですが、途中で気が付いてヒールで回復させてます。

後は爪→通常攻撃→ライトニング→爪→通常攻撃→ライトニングでループします。

爪、通常攻撃が来るターンはヒールで回復可能な陣形、ライトニングが来るターンは僧侶、レディンを1マス下げてライトニングの被害を歩兵だけにする陣形、この二つを使い分けて殴り続けます。

なお、我が軍のベルンハルトとエルウィンの火力だけでは足りなかったため、最後の2ターンぐらいでレディンも攻撃に参加させました。サンダードラゴン強いわ…

こんな感じの流れでギリギリクリアが出来ました。

多分ですけど、☆6まで限界突破させたルインを強化させてたらルイン使った方が楽だと思います。割と本気で。

このためだけにルインを育てる余裕が現状ないんですが、光の起源パーティー組んでる人とか、余裕がある人はルイン育てた方がいいのかも。

とにかく、サンダードラゴンレベル55クリア出来て良かったです。多分レベル60は自分のレベルが60ぐらいで挑戦する事になるので当分先になりそうです。

前回→フェニックス神殿

次回→兄貴のジム ニームLV60

タイトルとURLをコピーしました