【ランモバ日記】運命の扉に挑む!

スポンサーリンク

運命の扉に挑む回

過去に滅茶苦茶苦戦したレオンの運命の扉なんですけど、結局レベルを上げてゴリ押しすれば普通にクリアできました。敵がマジで強い上に出撃可能人数も少ないのでレベルや装備を整えるのは必須とみて間違いなさそう。
レオンが行けて無事報酬の欠片も貰えたので他のキャラも頑張ってみよう!と思い、色々行ってみました。

ベルンハルト編

まず行ってみたのがベルンハルト。こちらもレベルを上げてゴリ押しするだけだったのでステージについて言う事はないんですが、ストーリーが良いね。
内容としては「時空の裂け目によって急に主人公達の世界に出現。皇帝のような存在がいないならまた自分一人で帝国作るわ」という感じ。
力を追い求めるだけの人かな?とも思ってたんですけど、民の事は守ろうという意思がかなり強い感じだった。時空の裂け目のストーリー体験だと力を延々追い求めてたのは「自国の民を強力な力で確実に守ろう」という思いからだったのかな?とか考えると根はいい人なんだなと思った。クラスチェンジ先に「勇者」があるのも納得。

ランス編

続けてランス編。傭兵団に所属する若き傭兵が、他の団員が平民に手を出し始めるのに耐えきれなくなり行動を起こすお話。ランスはおまけ。

強制出撃のランスのせいで何度もやり直しました。一応クリアできたんですが、最終的には「ランスは適当に他のキャラの後ろに付き、何もしない」という流れになってしまいました。もう誰の運命の扉なのかわかんねぇな。

ちなみに若き傭兵はそこそこ強いです。相性が悪いのでボコられてますが、能力自体はこちらのランス君より能力が上です。ランス君よりレベルが二つも低いのに。もうこれわかんねぇな。

このあと無事クリアしました。参加人数が3人(内一人はランス固定)なので、残り二人で頑張ったらいけました。ガード持ちの槍使いと、それを回復する僧侶がいれば楽だと思います。ランスを上に行かせると敵が分散するため、ランスはガード持ちの近くに張り付くようにしました。グニルとアメルダでOKだったのでレベルと装備さえ上げれば特に難しい事はなくなります。

ソフィア編

争いは好きじゃなさそうって感じのストーリー。この後放火されるんですが、特に何も語る事は無かったです。

ここで運命の扉攻略は一旦終了し、通常営業に戻ります。というより、敵が強くて運命の扉の先に進むの辛くて…

姉さん、事件です!

前にベルンハルト率いる恐ろしい事件があったんですが、今度は敵が女性オンリーの事件。これも石が貰えるので頑張ります。

前の事件同様、ピエールで釣り、他のメンバーで撃破していく作戦。違うのは敵が近くて危険範囲外にいるのはほぼ無理という事。とりあえず一人倒して戦力を削り、後は壁役のグニルが全ての攻撃を受けてくれることを祈る作戦。

壮絶な死闘の末に勝利。画像見て察するかもしれませんが、アメルダ以外全滅してます。
最後は森の上で延々ヒールを使い続け、反撃でイメルダを削って倒しました。いやぁ、敵が強いね。

この後、運命の扉攻略に戻りました。ブログの記事内では一瞬ですが、それなりに強化作業をしているので…

レオンの運命の扉の2と3

何の嫌がらせか、レオンが出撃確定しているのに、騎兵に有利な槍兵を3人用意していくスタイル。お前ら鬼か。
上にいるエルウィン君は攻撃しながら回復も可能なため非常に強い。これはもう剣使いのベルンハルト様に頼るしかない…

ひたすら陽影が発動するのを祈り続けるだけの運ゲー。(陽影の効果は30%の確率で与えたダメージの30%回復)
発動回数が少なければベルンハルトが死んで終わり、発動回数が多ければ勝てます。完全に運ゲー。まぁ敵のレベル30なのにキャラのレベル28で突っ込んでるこちら側に問題があるんですが…

ベルンハルト一人で殲滅したようなものなのにこの発言。私の中でのレオンのキャラが段々小物になっていく…
ちなみに、陽影の発動回数が少なく、即ベルンハルトが沈んだパターンではレオンがエルウィンと戦闘する事もあったんですが瞬殺されました。お前それエルウィンのセリフやぞって言ってやりたいわ。

なお、このステージでは欠片は入手できず、次のステージが二つ目の欠片入手ステージになります。

次のステージではなんと敵が剣ばかり!奥に騎兵が一人いますが、レオンの苦手な槍兵が不在!これは勝ったな!

って思ってたら本当に行けました。なんか簡単で逆に驚くわ。本当はさっきのステージと順番逆なんじゃないかという説。適当にレオン突っ込ませて、アメルダの能力で回復していけば困る事無し。

ベルンハルトの運命の扉2と3

魔族が多い事を憂うベルンハルト。絶対この人、根はいい人だよ。画像では実績のために一人で出撃してますが、結局無理だったので僧侶連れて回復してもらいました。回復要員さえいれば特に困る事無し。
ちなみにこのステージは欠片入手無し。SSRの運命の扉は2ステージ目では欠片が貰えない感じのようですね。

3ステージ目はベルンハルトが自分にふさわしい剣を探しに行くお話。

ベルンハルトが普通にお店で買い物しようとしてるの想像するとなんか面白い(笑)

店を出るとクラーケン(どう見てもドラゴン)が街を襲いに来てるのでベルンハルトが撃退する流れに。それにしてもこのベルンハルト、ノリノリである。
出撃人数3(内一人はベルンハルト固定)、敵は水棲生物ばかりなので反撃ができるガード持ちと、回復要員が入ればなんとかなりそう。

戦闘途中でとんでもない事言い出したなこのおっさん。アルハザードは魔剣、ラングリッサーは聖剣ですね。もっと鋭い武器で要求するのがそのレベルとは恐れ入ったわ。

それに対するマシュー君の回答がどう見ても外国語を日本語に翻訳しました感満載のセリフで笑う。元々中国辺りで先にリリースされているゲームなので、テキストは大体翻訳されたものなんじゃないかなと思います。
ただ、ほとんどの文章は違和感なく楽しめました。たまに、今回みたいな翻訳しました感満載のセリフも出るけどね(笑)

このおっさんお茶目すぎる。運命の扉プレイしてかなり好きになりました。
最初はレオンの方が好きだったんですが、今はベルンハルトの方が好きですね。まぁ足の速さ(移動力)の関係で出撃数はレオンの方が圧倒的に多いんですが…

前回→プレイ日記9

次回→プレイ日記11

タイトルとURLをコピーしました