アークナイツ プレイ日記21(PR-D-1 , SK-5攻略回)

スポンサーリンク

前回

PR-D-1

ちょっとこちらのレベルが高すぎてゴリ押しみたいになってしまいました。すみません…

上側をロープとクオーラで対応。クオーラで防ぎ、ロープで穴へ叩き落す。

真ん中をホシグマとエクシアで対応。火力で葬り去ります。

下側はフェン、ヴィグナ、ショウ、メランサを片っ端から置いていき、物量で対応。

ブログ書いてる時に思ったんですけど、
・ホシグマの位置にショウを下向きで配置
・エクシアを回復役に変更し、下向きに配置
・ショウの位置にホシグマを配置
・ヴィグナの位置にメランサを左向きに配置
・クオーラの右側に回復役を左向きに配置
の方が安定する気がします。これからプレイする人は試してみてください。

SK-5

ロープとショウはスキルレベル4必須なので上げておきましょう。

今回はノイルホーンを採用しました。☆2って割とみんな優秀なんですよね。

・ノイルホーン
ブロック数3、重装キャラなのでそこそこの硬さがある。更にコストも安いので出しやすいし、レベル30まで上げたら終了なので育成のコストも安い。ただ☆2なのでステータス面は微妙

1.フェンとロープで右上を凌ぐ
2.コストが溜まり次第クオーラ、ギターノ、ラヴァを配置

序盤はロープでひたすら穴に落としてもらいました。これならフェンでもそれなりに耐えてくれます。ある程度耐えると拳刃隊長が出てきますが、こいつに殴られるとどうにもならないのでその辺りで自主的に撤退してコストを回収。

コストが溜まり次第左下の方も展開して行きます。範囲術師二人でひたすら焼きます。

3.ガヴィルを配置
4.フェンを撤退させた後、ホシグマとサイレンスを配置

ホシグマで更に道を塞ぎます。サイレンスとガヴィルで盾になってる二人をひたすら回復。

この時、ギターノとラヴァは二人ともスキルを使ってギリギリなんとかなるレベルでした。かなりギリギリのレベルっぽいです。

5.メランサをクオーラの1マス上に下向きで配置

見えにくいんですが、クオーラの上にメランサを配置してます。敵の来る順番は魔法剣士→斧使いの順番のようなのでメランサが魔法剣士を対応、クオーラが斧使いだけを対応といった感じになります。

メランサなしで他の火力が出せそうな遠距離キャラを置いたところ、クオーラがスキルを使っても蒸発したのでメランサで1人受け持つのが大事そう。ちなみにブロック2の近距離キャラだと斧まで拾って蒸発すると思います。ブロック1のキャラ推奨。

回復ドローン、クオーラのスキル2、ガヴィルのスキルは合わせて二つ発動ぐらいを目安に使ってました。3つとも使うと過剰な回復、1個だけだとそこそこ削れ、無しだと蒸発しました。2個維持できると良い感じ。まぁスキルの待ち時間の関係でどのみち耐えられないんですが。

6.最後?のハガネガニ(討伐数40ぐらいの辺り)を落とし穴に落としたらロープを撤退
7.ミルラを配置
8.クオーラが耐えきれない時が来るので倒され次第、即ノイルホーンを配置

大体討伐数40ぐらいの辺りのハガネガニを倒したらロープのお仕事は終了です。このハガネガニが残るとホシグマが防ぎきれませんでした。かといってロープを出しっぱなしだとクオーラ、ホシグマの二人が耐えきれませんでした。きちんとタイミングを見計らってロープを回収する事。

また、ミルラまで出してもクオーラが耐えきれません。というか運次第でホシグマも耐えきれません。ホシグマが倒された場合はステージから退却、クオーラが耐えきれなかった場合はノイルホーンに交代。

クオーラが倒れた瞬間に溜まっている敵の内1体がメランサに襲い掛かります。残りの2体がノイルホーン。回復ドローンを早めに使っていた場合、ちょうどこの辺りで再使用可能になるので回復ドローンで回復すればギリギリでメランサ、ノイルホーン、ホシグマが耐えました。

9.適当なキャラで道を塞ぎ、ショウでハガネガニを叩き落して終了

最後にハガネガニが残ると思うのでショウで叩き落して終了です。

上級素材が3個で固定っぽいのでかなり美味しいです。が、このメンバーだとオートプレイはかなり不安定でした。回復が誰に飛ぶかとかでズレたりする模様。

安定して周回する場合はもう少しキャラを鍛えた方が良さそうです。

次回

タイトルとURLをコピーしました