使用している機材、コントローラー等の紹介(4/25更新)

スポンサーリンク

最近の更新

4/16:スマホ関連追加
4/25:スマホのガラスフィルムを追加

switch

普通のswitchを使用。liteは録画とかの関係で厳しいし、一部のゲームが遊べなかったと思うので可能なら普通のswitchの方がおススメ。

問題は品薄でなかなか購入できない事だと思います。

コントローラーはこちらを使用。安心と信頼のHORIパッド。

連射機能もあるのでモンハンライズでボウガンを使う時にも楽が出来そうです。

無線のホリパッドもありますが、そちらは連射機能が無いので注意が必要。

PS4

本体はPS4proを使用しています。PS4よりも明らかに優秀なので余裕があればPS4から乗り換えたりするのもおすすめできるレベルです。

なお、PS5がPS4のゲームも出来て、性能もps4proよりも高性能なのでPS5が買えるまで待った方が良い気もします。

コントローラーはHORIの連射機能のある物を使用しています。モンスターハンターのボウガンや、地球防衛軍など色々なゲームで活躍して便利な代物。

難点としてはコントローラーにイヤホンを刺す穴が無かったり、振動機能が無かったりする事。デトロイトビカムヒューマンなども遊べない点に注意。

PCでゲーム遊ぶ時にも使ってます。

SSDはこちらの物をケースに入れて接続しています。ゲームによってはロード時間が半分になるぐらい変わる物もあるため、がっつり遊ぶ人は用意しておいた方が良いと思います。USBケーブルで接続するだけでもかなり早くなるのでお手軽。

PS4proを使用していてやる気がある人は内蔵した方が更にロード時間は短縮されるはず。怖いので私はしていません。

これからSSDを導入するならこういったケーブルで繋ぐだけの物の方がお手軽だと思います。上の物はUSB接続するのにケースが必要なので。内蔵するなら上の物の方が良いと思います。

PC関連

・使ってるPC
2018年頃に購入したガレリアXVを多少カスタマイズした物。電源とメモリを強化した記憶があります。
グラボ:GTX1070ti
メモリ:16GB
プロセッサ:Core i7 8700K

みたいな感じ。

使ってるコントローラーはPS4同様のホリパッドターボ。連射機能は便利。

前の6年ぐらい使ってるモニターの解像度がFDHだったのに対してこちらはWQHDなのでワンランクアップ。画面がめっちゃ綺麗になりました。

更にリフレッシュレートが60hzから144hzにアップ。PCゲームなどでは一部滑らかに動くように(PS4とかだと変化なし。PS5とかは変わってくると思います)

個人的には購入して大満足なモニター。おススメ。

モニターの位置調整に使えるモニターアーム。設置する場所を考えれば奥行きも高さも割と自由になるので色々考えてから設置するとかなり使い勝手が良かった。

ちなみに、曲がる部分は設置するまでは全然動かないため、事前に曲げてからの取り付けは困難。設置後はてこの原理?もあってそこまで力を入れなくても動くが、設置前はかなり硬くて一瞬不良品を疑うレベルで硬いので注意。

逆に言えばそれだけしっかりしているので値段に見合った働きをしてくれそうです。

スマホ関連

スマホはxperia1IIを使用。「そこまでの性能を活かす事はあるのか?」という疑問はあるんですが、今後原神並でスマホ専用のゲームとか出たら活躍するかもしれないから…。

カバーはこちらを使用。なんでもいいのでカバーをつけないと背面のカメラが出っ張ってるので置いて使用するとガタガタします。

ガラスフィルムはこちらを使用。貼りやすく、画面端の操作もしやすいので良い感じ。

ガラスフィルムは全面と通常タイプ?があるんですが、通常タイプの物は画面端の操作が凄まじくしにくく、かなり使い勝手が悪かったので全面タイプを強く推奨。

また上記のカバーを使用する場合はカバーをつけた状態でフィルムを付けた方が綺麗に貼りやすい印象。カバー無しで張り付けるとカバーを付けた時にカバーがフィルムを押し上げる事とかあったので。

モニターに映す時はこれを使っています。キャプチャーボードに繋げば録画も可能。
とは言ってもxperia1II本体にゲームの録画機能が付いているのでそちらでも良かったりしますが…。

OBSを使った配信などをする場合にはこういった物で繋ぐと良い感じだと思います。

実況用の機材

配信時に使っているヘッドホン。軽い上に締め付けも緩いので圧迫感が無くて長時間付けていても苦じゃない。眼鏡の上から付けていても全く問題なし。

締め付けがキツイものだと長時間つけていると頭や耳が痛くなったり、喋る時に違和感が凄いのでこれ以外の物だとダメでした。喋りながらプレイする時は個人的にこれ一択。

なお、ひょろっと伸びてるマイクの性能はそこまで良くないため、youtubeなどで配信をしようという場合は別にマイクを用意した方が良いと思われます。「サーッ」というノイズが入りやすいです。

後日、下のヘッドホンも購入しましたがPCで使う分にはこちらの方が好み。FPSなどで足音などを聞き漏らしたくない場合なら下の方が聞き漏らしにくいのでおススメだと思います。

7.1ch対応のヘッドホン。対応しているゲームなら右、左だけではなく斜め前とかも感じる事が出来る。ゲーム機に使う時に良さそう。

PCで普通にヘッドホンを使う分には個人的には上のヘッドホンの方が音、重さ、締め付けなど色々な面で良かった。上の方が安いので壊れた時も買い直しやすい。

こちらはマイクの取り外しが可能なので邪魔にならない、マイクの性能はこちらの方が上なのでマイクを別に用意するのが面倒ならこれでも何とかなりそう、対応していれば7.1chの音が良い感じ、足音などの音を聞き漏らしにくいのでFPSなどでは良さそう、という感じ。

今後PS5が入手出来たらPS5で使う予定。

マイクはこちらを使用。こちらに変えてからはノイズ関連でのコメントは見かけなくなったので優秀だと思います。

ちなみに、スタンドは付いていないので別途購入する事。これのみだと手で持たないと支えられません。

スタンドはこちらを使用。ぶっちゃけ支えられれば何でもいいと思うんですが、一応記載しておきます。

ゲーム画面をPCに表示するために必要なもの。こういった物がないとswitchなどのゲーム実況は出来ないと思います。

ゲーム実況等をしなくても、PC画面上にゲームとインターネットでサイトを同時に表示しながらゲームがプレイ出来たり非常に便利なのでお金に余裕があれば買ってみてもいいかも。

パススルー機能が付いているため、PCとテレビの両方に画面を映したりする事も可能です。

1080p、60fpsが限界なのでPS5を遊ぶ事になると苦しくなってくるかもしれない。その場合はPS5は本体機能で配信、動画投稿をするかも(まだPS5を購入できていないため考えている段階)

その他、良い感じだと思ったアイテム

普段使っているイヤホン。ヘッドホンよりイヤホンの方が軽くて楽なのでいつもはこれを使っています。

使ってる椅子。過去に安い座椅子を使ってた時は長時間ゲームしてると腰とか色々痛くなってたんですが、これに変えてからはかなり良くなりました。それでも何時間もやってると血行が悪くなる気がするので動いた方が良いと思いますが…。

結構重いので組み立てがちょっと大変でした。私はかなり非力なので時間がちょっとかかっちゃいました。それでも一人で組み立てる事が出来たのでその辺が不安な人もご安心を(私と同レベルの体力の場合、休憩は取りつつ組み立てる事をおススメします)

上の椅子を15か月ほどずっと使っていると座る面が硬くなってきてお尻が痛くなったので購入。

こちらはかなり柔らかくて全然苦じゃないんですが、サイズの関係で上の椅子にはちょっと納まりきらない感じ(笑)
無理矢理押し込んで敷いてる状況です。

椅子の下に敷いてるマット。マット無しよりは動いた時の音が小さく、マットは全然ズレないので個人的に気に入ってます。

使ってるタブレット。処理の軽いゲームをしたり、電子書籍を読んだり、PCで全画面でゲームする時に攻略サイトを表示したり、PS4のアドベンチャーゲームをリモートプレイしたり、色々使えてます。

ただし、がっつりスマホのゲームを遊ぼうという場合はパワー不足感が半端じゃないので、ゲーム用に買う場合は注意が必要。電子書籍、動画等がメインならかなり快適だと思います。

タイトルとURLをコピーしました