【FE風花雪月】金鹿ルナティック クリアしての感想・キャラ評価

スポンサーリンク

約50時間ほどかけて金鹿ルナティックのクリアできました!
引継ぎ無し・クラシックで攻略してみましたが、一部のステージはかなり手ごわかったですが意外となんとかなる難易度だなと感じました。

本当はゆっくり実況で動画を投稿しようと思ったのですが、編集が大変すぎて挫折したので感想だけまとめる事にしました。

難易度ルナティックの感想

敵のステータスがヤバい

速さ、力が半端じゃなくて一部の速さの高いキャラ以外はまず追撃を受けるレベル。特に後半の剣を持った敵とファルコンナイトの素早さは尋常じゃない。

そのため、守備が自慢で速さの低いキャラは完全に死んでる印象でした。蒸発します。また、スナイパーやグラップラーの専用戦技のような2連続攻撃が可能な戦技はかなりの強さを誇る感じでした。

回避特化キャラが凄い

敵の力と速さの関係で普通の壁は蒸発するんですが、技はそうでもないのか回避特化させた囮用のキャラを用意しておくと非常に強力でした。警戒姿勢+や回避の指輪など色々詰め込むと敵の命中を0まで持ち込めるので一人用意しておくと良さそう。

計略・戦技の重要性が増してる

ハードまでは普通の攻撃をすることも多かったんですが、ルナティックでは命中や火力に難がある事が多いのでどちらかを補強するために戦技を使う事が多かったです。通常攻撃をすることはかなり少な目な感じ。

また計略も凄く重要でハードまでは魔物やボスクラスにしか使ってなかったんですが、火計などでまとめて能力ダウン&移動不能付与はかなり強力で序盤からお世話になりました。

増援の即行動がヤバすぎる

ステータスがとんでもないのにその上登場して即行動するので増援の場所を把握していなければまず間違いなく時を巻き戻す事になると思います。それも増援が有限ならいいんですが、無限に増援が出続けるようなステージもあるので地獄。敵のステータスとかは何とかなるんですがこの要素だけは本当にきつかったです。

まとめ

敵の強さについては凄かったんですが戦技や計略、回避盾などハード以下ではそんなに重要視しなくても良かったものをフル活用して突破したりするのは非常に楽しく、良い感じの難易度調整だなぁと感心しました。

ただ、増援即行動&無限増援の組み合わせだけは勘弁してほしかった。これがマジでキツイ。

金鹿ルナティックで難しかったステージ

シャミア&アロイスの外伝

金鹿ルナティックをプレイして一番難しかったステージ。何度もやり直し、クリアに合計6時間ほどかかった難所中の難所でした。無限に出てくる増援、超速い&超火力&移動力が高いアサシンが含まれる、結構なハイペースで増援が出続けると地獄のようなマップ。外伝解放された直後に行けば悶絶すること間違いなしのマップ。

この2マスにキャラを配置するとドラゴンナイトが町に入れないので弓使いを二人配置し、他の全員で上から頑張る事で突破しました。ヤバくなったら逃げ、敵がちょっと減ったら強いキャラを突っ込ませて釣り、時を巻き戻しながら調整して何とか突破しました。

もっとキャラが成長していれば移動力アップの計略+ワープで一気にボスを倒してクリアも可能だったと思うので後回し推奨。

13章

2部の最初のステージ。クロードと主人公のみでスタートし、段々味方が現れるステージですね。敵が超強い上に大量にいて、クロードと主人公しかおらず、ちょっと釣るとある程度まとまって突っ込んでくる上に、こちらの援軍も魔法使いが来ないので回復は薬に頼るしかないと辛い要素しかない。

ある程度敵をまとめた後、クロードの計略でまとめて足止めしつつ削って行き、他のメンバーでトドメを刺す事で敵を減らすことで突破しました。味方が育ってない、前の章で持ち物を持たせるのを忘れた場合は地獄なので事前にセーブデータを分けておく事推奨。

14章

下から無限にファルコンナイトとパラディンが登場して突っ込んできます。回避盾を用意してないので進軍が非常に困難な上に、火計イベントを起こす友軍も勝手に突っ込んで速攻で蒸発したため火計も起こせずここもかなりの難所でした。

危険範囲をしっかり覚えておき、集中攻撃を受けないようにしながら飛行ユニットを先行、スナイパーや魔法使いで援護する形で少しずつ進めて突破しました。

金鹿ルナティックで使用したキャラの評価・感想

主人公

クラスチェンジ:剣士→盗賊→ニルヴァーナ
追撃は受けるわ、剣殺し持ちにボコボコにされるわ、魔法を撃たれても痛いわ、かなり悲惨な感じになってしまった主人公。サンダーソード+を持ってのアーマーナイトの削り、風薙ぎによる削り、障壁破壊用の魔物斬り、信仰を上げてリカバーを使って頑張ってました。

最序盤こそエースでしたが途中からはかなり厳しくて残念な感じ。最終マップではドーピングアイテムフル活用してラスボス討伐のために頑張りました(画像はドーピング前の物)なおドーピングをしてもラスボス前の雑魚狩りではリカバー要員なのは相変わらず。

クロード

クラスチェンジ:戦士→ブリガンド→専用クラス
専用クラスになるまではイマイチな感じだったんですが専用クラスになった後は弓の達人+鬼神の一撃+元々の力の高さ+飛行兵の機動力で大暴れしてました。更に囲いの矢でヤバい奴の足止めしながら自陣に帰還したり素晴らしいキャラ。他のルートで遊ぶ時、クロード無しで突破できるのか?と思うぐらいの活躍をしてました。ステータスがへたれたとしても移動力+囲いの矢があるので2軍落ちはまず無さそう。

ローレンツ

クラスチェンジ:戦士→ブリガンド→ドラゴンナイト
最序盤で旋風槍使ってたのが全盛期。全ての能力が中途半端な感じになり途中から2軍落ち。2部最初のステージでクロードが計略で削った敵のトドメを刺してる辺りを最後に出撃しなくなりました。

まぁローレンツは外伝で貰える杖が本体みたいな所があるから(震え声

ラファエル

クラスチェンジ:戦士→ブリガンド→ドラゴンナイト
ローレンツに対して散々な口ぶりでしたが、その下を行く男。守備がある程度高くてもルナティックの火力の前では無いに等しいので長所は力の高さのみ。スカウト禁止縛りでもしない限りまず2軍落ちするであろうキャラ。

イグナーツ

クラスチェンジ:戦士→アーチャー→スナイパー
まさかの最終メンバーの一人。何故か力がイグナーツとは思えないぐらい成長し、ハンターボレーで確実に削って行く頼れる男になりました。ブレイクショットや封魔の矢でのデバフも結構いい感じ。自軍弓道部の削り&デバフ担当。

最初は応援要員で途中から2軍落ち予定だったのでブリガンドを経由していませんが、ブリガンドを経由していれば更に強かったと思います。

リシテア

クラスチェンジ:修道士→メイジ→ウォーロック→グレモリィ
超火力の魔法を叩き込む魔法アタッカー。テュルソスの杖を持たせる事で射程4、終盤闇魔法射程+1を覚えて射程5の魔法を叩き込むのはかなり強かったです。ダークスパイクとルナが特に強力で死神騎士や後半のパラディンを処理するのに便利でした。ルナティックのパラディンは全てのステータスが高いのでダークスパイクは凄い奴。

マリアンヌ

クラスチェンジ:修道士→メイジ→ビショップ→グレモリィ
最初から最後までリブロー1本で出撃し続けました。稀にアーマーナイトの削りに攻撃したりしてましたが、追撃ができず倒せない残念なステータス。上のリシテアと比べるといかにステータスが低いかがわかっちゃいますね…。何気にサイレスが輝くステージがあったのでへたれたかどうか関係なしに使えるいいキャラだと思います。

ヒルダ

クラスチェンジ:戦士→ブリガンド→ドラゴンナイト→ドラゴンマスター
惜しくも最後に2軍落ちしました。技の低さも難点なんですが、他のメンバーが強すぎて2軍に落ちてしまった感じ。フライクーゲルの専用戦技の火力は魅力なので他のメンバー次第では最後まで一軍で頑張れるポテンシャルは感じました。

レオニー

クラスチェンジ:戦士→ブリガンド→ドラゴンナイト→ドラゴンマスター
とんでもない化け物。ステータスの高さがおかしい。上にいるヒルダと比較するといかにレオニーの能力がおかしいか伝わると思います。ヒルダでも十分戦力になるレベルです。

敵の速さがおかしいルナティックで飛燕の一撃の力も借りると通常攻撃で追撃出来たり、警戒姿勢+の効果で敵の命中を0まで下げたりアタッカーとしても囮としても超優秀で終盤でレオニーにかなり頼りました。専用戦技などがないため他のメンバーよりちょっと火力面で頼りないのが難点。十分な火力は出せるけど。

ベルナデッタ

クラスチェンジ:アーチャー→スナイパー
速さが高いのが特徴。だったんですが最終的にイグナーツのステータスがおかしくなったのでステータス面では他の弓使いより劣ってます。

戦技の狙撃、囲いの矢が超強力だったのでそちらで活躍してました。狙撃で体力を削ったり、壁の向こうの敵を釣ったりと色々使えたり、囲いの矢でヤバい敵の足止めをしたり、自軍弓道部の中で戦略支援担当。

ドロテア

クラスチェンジ:修道士→メイジ→ウォーロック→グレモリィ
好きだったのでスカウトしたら最後まで一軍で戦い続けました。リブローで回復、フレン外伝で貰える杖+トロンで射程4の攻撃で攻撃面でも回復面でも頼りになりました。最終盤ではメティオで釣り、削りが出来たり、闇魔法射程+1でリシテア並の射程になって削りを担当したり、魔法に弱い敵を処理する係もしてました。

フェリクス

クラスチェンジ:傭兵→盗賊→グラップラー
敵対したくないという理由だけでスカウト。正直わざわざスカウトするまでのキャラでは無かったかも。

フラルダリウスの紋章でダメージが上がるため最大4回攻撃する拳とは相性が良い。実際には通常攻撃をする余裕なんて無いのでグラップラーの戦技ばかり使ってましたが。

基本的には終盤の体力お化けの魔物を葬るのがお仕事。それ以外では飛行部隊に置いていかれたり、魔法、弓部隊に削ってもらおうと思ったらそのまま倒されたり、出番はかなり少な目。

イングリット

クラスチェンジ:ペガサスナイト→パラディン→ファルコンナイト
力、技、守備が下がった代わりに魔防が高くなったレオニーみたいな性能。やる事も似たような感じ。こちらは火力が低いのがかなりの難点でした。ルーンの戦技があるのでそれなりの火力は出せましたが…。剣殺しと魔防の高さでソードマスターや魔法使い系を釣るのによく出撃してました。

フレン

クラスチェンジ:プリースト→踊り子
ずっと踊り続けてました。今回のプレイではレスキューを使う事はほとんどなかったですね。基本的に回避の高い飛行部隊に釣ってもらったり、再移動を活かして逃げたり出来たので踊りに専念できました。ぶっちゃけ「ただ踊るだけなら2部の最初のステージで出撃可能なヒルダ、ローレンツ辺りのどちらかを踊り子にした方が楽になったよな」と思います。

カトリーヌ

クラスチェンジ:ソードマスターのまま
序盤~中盤にかけてエースだった偉大なソードマスター。壁役、アタッカー役の両方をこなした救世主。雷霆もガンガン使って行きました。

終盤だと技が低くて当たらないし、弓や魔法で削るのと回避の高い人で釣るのがメインになっていくので徐々に出番は減り、最終的には2軍落ちしました。

シャミア

クラスチェンジ:スナイパーのまま
加入した時にはカトリーヌ達に出番が奪われて副官担当だったんですが、ハンターボレーを覚えたりしてから一気に出番が急増。イグナーツやベルナデッタと共に弓道部として頑張りました。

技の高さ、弓必殺+10、キラーボウ+が合わさりかなりの高火力を出し続ける優秀なキャラになりました。速さの低さはハンターボレーを使うので影響なし。自軍弓道部の火力担当。

その他

加入したけど使わなかったキャラなど
セテス:ずっと副官でいましたが他の飛行部隊が強くてそのまま副官のまま
ツィリル、アロイス、ハンネマン、マヌエラ:なんとなくスカウトしたら加入したけどそのまま使用する機会無し

タイトルとURLをコピーしました