【MHW】ライトボウガンの弾の使用感

スポンサーリンク
【MHW】ライトボウガンで使う弾の解説【ゆっくり実況】

かなり昔に投稿した動画なんですが、参考用に動画も貼っておきます。

・全ての弾共通の話
今作は基本的にレベルが高い弾ほど強い。が、ライトボウガンはレベル3の弾を撃つと足が止まったりする事があるのでレベル2の弾を使う事が多い。逆にヘビィボウガンはレベル3の弾をメインに扱う事が多いです。そのため、通常弾と属性弾以外の弾はヘビィボウガンに劣る可能性が高いです。

・速射について
今作の速射は3発撃ち、1発目の火力に比べ2発目と3発目は威力半減といった形になっている。1発目だけは当てたい。単発の方が扱いやすい場面、速射の方が扱いやすい場面、両方あると思うので場面によって使い分けたい。が、ライトボウガンの選択肢が狭いので特に気にしなくていいです。

・単発自動装填について
完全なデメリット。なぜ生まれてきたのかわからないシステム。一発撃つたびに手動で弾を込めてるモーションが自動で入る。自動装填(ゲームシステム的な意味)。火力が高い弾を撃てるならわかるが基本的に火力の低い弾しか対応しておらず、基本的には単発自動装填に対応していない普通のライトボウガンで手動でリロードする形の方が扱いやすく火力も出る。撃ちたい弾に単発自動装填がついていればそのライトボウガンは使うべきではない。

・通常弾
結論:援撃があればかなりお世話になる弾。援撃がなければ使うことはない。
低火力、射程も長くない、反動が他より小さいという訳でもなく、装填数も多くなく、リロード速度も飛びぬけて早いわけでもない弾自体はかなり弱い。
しかし、これをうまく扱えるガイラブリッツ・援撃が強い。ガイラブリッツ・援撃のみ反動小、リロード早い、他のボウガンの倍ぐらいの装填数を併せ持っている。援撃がなかったら使うことはないであろう弾。逆に援撃があればもっとも快適に撃てる弾であるため、援撃を持っているかどうかで評価は180度変わる。

・貫通弾
結論:使う相手がほとんどいない。出番は少ない。
おそらく一番活躍するのはストーリー攻略時、アンジャナフ戦やディアブロス戦でトビカガチのライトボウガン(サンダーブリッツ、ライトニングブリッツ)を使う時だと思われる。
今作の貫通弾はヒット数が非常に多く、ヒット数を稼がなければダメージが出ないため昔の作品のような運用はできない。ある程度大きい敵、全体的に柔らかい、属性弾が通しにくい、この辺りの条件を満たさなければライトボウガンで貫通弾の出番はない。しかし、それでも今作の肉質の偏りを考えると援撃があれば援撃の方が早いと思われるためやはり出番はない。

・散弾
結論:火力が高いが、扱いが難しい。ストーリー攻略時に大活躍。
火力が高いが、射程が非常に短い。散弾2は扱いやすいが火力がちょっと物足りない。散弾は3火力が高いがリロードで足が止まる。不動などでゴリ押せる敵なら散弾3をぶっ放すのが早い。
最大の難点としてはヘビィボウガンの賊がとても強く、ヘビィでよくねとなる事。ライトボウガンでタイムアタックをする場合で、なおかつ散弾3で立ち回れる場合以外はあまり使われないかもしれない。
なお、ストーリー攻略時はマッドライフル→シュラムバレットの散弾2で序盤から最後まで一部を除いたほとんどの敵が簡単に攻略可能。かなりお世話になると思います。
ちなみに散弾1速射はフルヒットで散弾2を1発撃つのと同じレベルなので完全にゴミです。素直に散弾2を撃とう。

・徹甲榴弾
結論:ヘビィでどうぞ。
頭に当てるとスタンが取れます。が、ライトは反動、装填数が酷すぎて話にならないため、これを使うならヘビィを担ぐべき。

・状態異常弾(毒、麻痺、睡眠)
結論:サポートメインは厳しいが、サブで使うのにいい感じ。毒はゴミ。
ライトボウガンは基本的に麻痺、睡眠、両方反動中以下がないためサポート特化は厳しい。ヘビィボウガンなら徹甲榴弾でスタン、麻痺睡眠両方撃てる物もあるためヘビィを使うべき。
ただ、サブで使うならライトボウガンではかなりいい感じ。基本的に麻痺か睡眠の片方ぐらいは撃てる感じになっているので、パーティーの動きを見つつ決めて行こう。睡眠は拘束時間の短い麻痺と考えて撃とう。睡眠爆破するぞ!とか思いながら起こされると、ほら、アレなので。
毒はゼノジーヴァ、弱点撃てない状態で居座りそうな時(溶岩の中でミールストーム構えるベヒーモスなど)以外に撃つ価値無し。それを撃つ暇があるなら火力が出るメインの弾を撃ってください。時間の無駄です。

・属性弾
結論:一部の敵で主力。
貫通し、射程も長い弾。しかし貫通する仕様のせいで大きな敵や、弾肉質が悪い敵にしか効果が薄い。ナナ・テスカトリ(氷結弾)、マム・タロト(金属部位に電撃弾、角に氷結弾)、ゼノ・ジーヴァ(通常時火炎弾、臨界時氷結弾)、イビルジョー(電撃弾)、ヴォルガノス(水冷弾)、ウラガンキン(水冷弾)の6パターンぐらいだと思われる。他は大体通常弾や散弾を使うのが主流だと思います。

斬裂弾
結論:マルチでは迷惑極まりないが、ソロでは優秀?
弾速が早く、尻尾も切れ、弱点に吸われやすい弾。ただ、マルチプレイなら周りのプレイヤーに尻もちをつかせる迷惑極まりない弾。初期は吹っ飛ばしたっだ。どっちが迷惑かは人によるが、どちらにしても迷惑である。
ただ、ソロ用としてみると当てやすく、斬属性で計算されるため通る部位が比較的多かったりする。また、キリンのような小さい敵を相手にする時も通常弾などでは狙いにくかったりするので非常に楽。ソロで楽するための弾といった存在。
ただ、火力が低く、持ち込める弾の数も少ないため基本的に歴戦王以上の強敵には厳しい。歴戦王キリンぐらいまでなら補給1回までで行けるが、それ以上だと補給に何度も戻ることになる。体力の低い敵にソロで楽するための弾といった認識で使おう。

初期は火力が散弾3並だったため、装飾品や装備が整ってない初期でもなかなか凄かった

【MHW】歴戦テオ・テスカトル ライトボウガン 3分0秒 Teostra LBG 3:00
全盛期の斬裂弾。初期でマッドネスグリーフとかも無ければ装飾品も揃ってない。ナナやマムの防具すら無しでこのダメージを出していくんだから強かった。なお、当時から弓や拡散ヘビィには勝てない模様。


・その他の弾
結論:特に語る事は無い。
麻酔弾とかは捕獲用に、鬼人弾とか回復弾はコスト的に使わないと思います。それぐらい。
地味に麻酔弾はダメージ0で爆弾を起爆できるというメリットがあるので、睡眠爆破時に間違って弾のダメージを上げたくない時に使えたりもします。


弾の解説的な感じは終わりです。援撃があるなら通常弾、なければ敵によって散弾、属性弾、斬裂弾を持ち替えればいいと思います。

MHWの攻略記事一覧はこちら!(ここをクリック)

タイトルとURLをコピーしました