【MHWI】ライトボウガンの徹甲榴弾LV3運用の紹介

スポンサーリンク

ライトボウガンの中では火力は高いほうであり、使用機会も増えてきたのでちょっとした紹介をしておきます。

速射、単発自動装填と比較して

ー長所ー

・火力・スタン値が高い
1発あたりのダメージは速射の方が上だったりしますが、速射じゃないため当てやすく、反動や回避装填の関係で速射より手数が多いため火力は高いです。

・イャンガルルガのライトなら足を止めずに動ける
ラスボスライト型とガルルガライト型があり、ガルルガライト型なら反動も中、リロードは回避装填で足を止めずに撃ち続ける事が可能になります。

ー短所ー

・回避装填を使わざるを得ない事
リロードをやや遅いにしないためには回避装填にせざるを得ないのがかなり辛い。氷、水やられでスタミナに問題が出るとまともに動けず、段差でリロードを止められる事も多々あります。

・反動で足が止まる(ラスボスライト型)
火力を出すためにラスボスライトを使う場合、反動が大になるため足が止まります。速射でも足が止まるし、速射よりは硬直が短いように思うので多少マシですがそれでも敵によってはかなり困る事も。

・弾を取りに戻る可能性が高い(ガルルガライト型)
ガルルガライトは足を止めずに撃てますが火力がラスボスライトよりも低いため弾が足りない事が起こりやすくなります。幸い徹甲2速射、散弾3も撃てるので立ち回り次第ではカバー可能です。

装備例

ラスボスライト型(高火力だが足が止まる)

元から装填数が2あるため装填拡張無しでOK。ひたすら火力を盛ります。
体術が最低でも1ないと高確率でスタミナ切れで動けなくなるため体術も1は付けたい所。
装飾品の関係でスキルが盛り切れない場合、削って行くのは挑戦者から。

カスタム強化は回復カスタムがおススメ。かなり回復します。被弾しないなら攻撃で。

下のガルルガライトよりも火力が高く、足を止めて撃っても大丈夫な場合はこちらの方が良い。徹甲3のみで捕獲まで持っていきやすい。

ガルルガライト型(足を止めずに撃てるが火力が劣る)

こちらは元々の装填数が1のため装填拡張3も必須。
その上で体術1、砲術5、弾丸節約と必須スキルを付けた上で更に火力を盛って行きたい。
挑戦者までは枠が足りず苦しい。

カスタム強化はこちらも回復優先。立ち回りに自信があるなら攻撃でもいい。

上のラスボスライト型に比べると足を止めずに撃てるため使いやすい。
ただ、元々の攻撃力に加え挑戦者分の攻撃力まで差が付くので弾不足になりやすい。徹甲2の速射や散弾3もスタン時に撃っていきたい。

使用例(投稿した動画)

基本的に顔に向けて撃つだけ。顔が狙えないならどこでもいいので当てる事を優先。
頭を狙うために手数が減るようなプレイだと苦しい。

ラスボスライト型

【MHWI】リオレウス希少種 ライトボウガン(徹甲榴弾3) 3分59秒

ガルルガライト型

【MHWI】ブログ用オドガロン
タイトルとURLをコピーしました