【MHWI日記】ムフェト・ジーヴァをソロで3戦討伐した動画の補足

スポンサーリンク
【MHWI】ムフェト・ジーヴァ ライトボウガン ソロ 59分30秒(3戦合計) Safi'jiiva LBG Solo

ムフェトジーヴァのソロ討伐も3戦で討伐でき、戦闘時間は1時間を切りました。

今回はこれの補足説明とか一部解説的な事をしていこうと思います。

装備

動画の最初に映している奴です。

エリア1で使用している装備はこちら。回復カスタム、龍脈覚醒をつけたストームスリンガー装備です。

不屈を発動させるために撃ったり、エリア1でムフェト・ジーヴァを押し込むために撃ったりします。

スキルは特殊弾が大事なので集中3(多分無くても可)、押し込みやすいように破壊王3、大事な特殊射撃強化2、その他逆恨みなどで火力を上げています。

ボウガンのカスタマイズはリロード2個を反動2個にかえても良かったかも。基本的に敵が攻撃してくるタイミングでリロードをする事は無かったので反動小にして火力を高めた方が強いと思います。まぁ、エリア1でそこを変えてもタイムには影響しないと思いますが。

こちらは水冷弾装備。逆恨みで火力を上げた装備になります。

破壊王はひるませやすくするために付けてますが、ストームスリンガーと違い破壊王の有り無しでの差がよくわからなかったので攻撃とかに変えた方が良いのかも。マルチプレイなら部位破壊のために付けた方がいいんですけどね。

ーおまけー

ストームスリンガー装備、水冷弾装備、共通の話ですが、会心撃がないため会心を上げる意味はほとんどありません。超会心もおまけでついてるだけでほとんど意味がないスキルになっています。

会心撃がなければ会心が出ても属性ダメージは増えず、属性弾の物理部分はそんなに火力が無い上に敵の肉質もほとんど酷い物が多いので超会心とかは忘れてOK。全体的に肉質の柔らかい敵に撃つ場合は変わってくるかもしれませんが…。

ちなみにクラッチクローで傷をつけても属性ダメージは増えないためクラッチクローの傷もそんなに必要なかったりします。少なくともソロで属性弾やストームスリンガー使用時に傷をつける事はかなり稀。

立ち回り

ここからは立ち回りの話になります。基本的には上に貼ってある動画の3戦目(43分頃~)を元に書いていくため、事前に目を通すか、それっぽい所を探してください。

エリア1

まずは不屈発動のために2回自爆します。

少ない挑戦回数でのクリアを目指す場合は不屈がかなり有効だと思います。エネルギーを削りさえすれば不屈無しでも可能。その場合は3時間以上は覚悟した方がいいかも。

不屈発動後は食事。攻撃大があればOK。暴れ撃ち、短期催眠術があるとちょっと嬉しい。

エリア1についたら右後ろ脚を狙っていきます。1回キックさせるとツタ罠にかからなくなるので落石を狙いやすくなります。

最速狙いならツタ罠→落石→落石→エリア2に移動が速い気がしますが、ツタ罠→落石の時の位置調整が結構難しく、尻尾がちょっと動いただけでも落石が外れたりするため非常に高難易度。

今回は安定狙いで落石→落石→ストームスリンガーでのゴリ押し→エリア2という流れにしています。

今回は後ろ足でのキックを1回させているため、2回押すと落石の当たる位置に移動するため2回押したらすぐ落石。

落石をしたらこんな感じの位置から抵当に撃っていきます。重要なのは立ち位置。

画像の位置当たりから攻撃をしているとムフェト・ジーヴァが飛んだ先が2回目の落石の当たる位置になります。

これにより押し込む時間を短縮可能。かなり早くなります。

飛んだらエネルギー吸収モーションに移るので、モーションが終わった後に落石を当て、適当に電撃弾を撃っていきます。

2回目のエネルギー吸収が終わった後はストームスリンガーの特殊弾を撃ち、後ろ足を2回ほどひるませた辺りでエリア2へ移動します。

マップを開くと「狩り中はファストトラベルできません。」と表示されますが、2回ほどひるませてムフェトジーヴァが移動する状態になると狩り中ではなくなるのでファストトラベルが可能になります。

タイミングさえわかれば咆哮前にファストトラベルが可能なのでちょっとだけ早くなります。咆哮を回避したりする必要もなくなるので操作面も楽。

エリア2

ここから水冷弾装備に着替えて頑張って行きます。

基本的には前足→後ろ足(→尻尾)を通すような感じで撃っていくだけになります。

マップの端の方に行くと回避が困難になる事が多いのでなるべく中央をキープするように心がけたい。

敵の攻撃はなるべく当たらない位置に移動し、3連続のかみつきなどは回避性能を活かした回避をしていきます。

エリア2、ソロで大事な事は1回目の必殺技を必ず閃光で阻止する事。

これがかなり大事です。必殺技のモーションは長い上にその間こちらはほとんど攻撃できないため時間だけが過ぎていきます。これをなるべく阻止したい。

閃光玉を2回使って2回止めれば必殺技を使うのを諦めてエネルギー吸収モーションに移行します。これを確実にしていきたい。

更にここで大事なのは1回目で行う事。2回目の必殺技でもエリア2だけを見れば問題ないんですが、エリア3の最初の必殺技までに閃光耐性が戻らず、エリア3最初の必殺技に閃光での墜落が出来ない場合があります。これが出来なくなると結構影響が出るので1回目の必殺技を阻止して行こう。

マルチだと適当でもいいです。そんなにこだわる必要もないと思うので。あくまでソロでのお話です。

2回目のエネルギー吸収が終わると枯渇状態になります。

なお、エネルギーが満タンの1回目のプレイでは火力が足りない場合「尽きかけています」が入り、エネルギー吸収が3回になる場合があります。そうならないためにも閃光で阻止して動きを止め、火力を出していきたい。

ちなみに、今回の装備は属性カスタム3にしていますが、回復カスタム1属性2の場合ではよく「尽きかけています」になりました。結構変わってきそうなので頑張れそうなら属性カスタムの方が良さそう。

マルチならそこまでしなくていいです。メンバー次第なので。

後は適当に撃ってエリア3に移行。

エリア3

ぶっちゃけやる事はほとんどエリア2と同じだったりします。

1回目の必殺技はここでも閃光で止めます。ただし1回だけ。

この後すぐにまた必殺技のモーションに移るので大して意味がないようにも見えますが、閃光墜落させた場合、必殺技終了後に臨界状態が終了しません。柔らかいままです。

多分ですが、必殺技終了時に「臨界状態を終了する」モーションが入るはずなんですが、それを「閃光が解けた」モーションで上書きしているんだと思います。

2回目の閃光(ひるむだけ)や、麻痺などで止めた場合は「臨界状態が終了する」モーションが通常通り行われ通常状態に戻ります。

マルチでは気にする必要がありませんが、ソロだとこの柔らかい状態が続くのは結構大きいので狙っていきたい。

狙ってできる事ではありませんが「怒り終了のモーション」でも「臨界状態終了モーション」を上書き可能なため、運よくタイミングが合えばそのまま臨界状態が続く事があります。

ちなみに怒り終了も閃光終了も首をちょっとブルッと震わせる程度のモーションなので特徴的な行動は特に無いです。

ソロではガス爆発によるダウンも結構大きいと思います。

ガス爆発を当てるとひるむんですが、2回目以降のガス爆発を臨界状態で当てるとダウンします。

・通常時ガス爆発(ひるみ)→通常時ガス爆発(ひるみ)
・通常時ガス爆発(ひるみ)→臨界時ガス爆発(ダウン)
・臨界時ガス爆発(ひるみ)→臨界時ガス爆発(ダウン)

こんな感じになってます。ガス爆発自体も1000ダメージと大きく、ダウンも狙えるため積極的に狙っていきたいです。

マルチでは誘導してる間に普通に殴った方がいい場面もあったりするため、近くにある場合のみ狙うのがいいと思います。マップの反対側までの誘導は狙わない方が火力は出るのではないでしょうか。ライトボウガン4人とかならまた変わってくるかもしれません。近接の人は走り回って大変そうでした。

後はなんか適当に撃ってたら討伐完了です。今回は達成度9でした。

感想

慣れたらエリア1は結構安定します。問題はエリア2と3。

エリア2は1周目で火力が足りないと「エネルギーが尽きかけています」が出るのは辛い。これが出ると2~3分のロスが出るため時間がかなり厳しくなります。エリア3のエネルギー枯渇まで行けなければ2周目、3周目にも影響が少しずつ出てくるため大変になってきます。

エリア3は尻もち+風圧付きのぴょんぴょん飛ぶモーションを連打してきたりするのが非常に厄介。これを連打されるとかなりの時間ロスします。運ゲー感があります。そうでなくても岩とかが邪魔で被弾して死んだりもしてます。

かなり何回も試行錯誤しながらやり直したためもうお腹いっぱいです…。

ムフェトジーヴァが暴れず、操作のミスも無く完璧に立ち回れば2周目での討伐も可能な予感がします。ただ、これはかなり時間が厳しいので断念しました。でもきっと誰かがやってくれるはず。

1周目での討伐は現状できるか不明。1周目でエリア3の「エネルギーが尽きかけています」を飛ばす事が出来れば可能かもしれませんが、飛ばすほどの火力を出す方法がわからないため厳しい。でも歴戦王マムタロトレベル1ソロ討伐も不可能かと思ったら実行した人がいたので、もしかしたらこれをやってくれる人も出てくるのかもしれない…

タイトルとURLをコピーしました