【MHWI日記】新しいブラキライトとラージャンライトのレビュー

スポンサーリンク

猛り爆ぜるブラキディオスと激昂したラージャンで追加された装備について述べていくよ

猛り爆ぜるブラキディオスのライト

通常弾LV3が速射というのが特徴的なライトボウガン。しかしその実態は使い道のないゴミです。

通常弾はレベル1と2が単発自動装填。こちらはもう使う価値がないですね。通常弾3については速射であることは評価したいんですが、装填数が1、反動とリロードのどちらかしか普通にできない「これを設定した人は通常弾の性能を何か勘違いしているんじゃないか?」と言いたくなるようなゴミ過ぎる性能。これなら拡散弾レベルの火力をください。

徹甲榴弾で使おうにも、徹甲榴弾LV3は反動が小さくできないのでまともに扱えない。レベル2はガルルガライトなどが装填数3である事を考えると特に強い訳ではない。という感じで徹甲榴弾視点で見てもゴミです。

他の弾を見ても反動、装填数、リロード速度、全てが低い水準であり、使える場面は無い。

あえて良い所を上げるならスロットがレベル4、レベル2で悪くないところぐらい。アイテム採取用装備には使えるかもしれませんね。

激昂したラージャンのライト

こちらは元から徹甲榴弾3が2発装填だったり、攻撃力や会心がそこそこ高かったり、ブラキライトよりは可能性が見えそうですがこちらも使えません。

通常弾LV3単発自動装填単発自動装填が酷い性能なので通常弾LV3が対象でも弱くて使い物になりません。

散弾では反動中、リロードやや遅いにまではなるんですが、覚醒龍ライトがこれよりも装填数が多くなる上に近接射撃強化パーツが1個多く付けられるためそちらで良いという事になります。スロット数もこちらは無し、覚醒龍ライトはレベル4が付いてます。

徹甲榴弾では装填数を活かしたい所ですが反動とリロードのバランスを考えると回避装填を使わざるを得ず、その場合は装填数3にしても意味が特に無いため利点を活かせません。また、覚醒水ライトの方が攻撃力が高く、迅竜の真髄1か所分付けられ、スロットもレベル4があり、歩きながら撃てるとほぼ全てにおいて上回っています。状態異常弾などの面でも覚醒水ライトの方が上です。

これらの事より激昂したラージャンライトも使い道が特にありません。採取用としても使えない分、ブラキライトよりも酷いという印象。

猛り爆ぜるブラキディオス、激昂したラージャンの防具

こちらもライトボウガンでは現状ではお世話になりにくい感じになっています。

現在主流の弾は徹甲榴弾と属性弾なのですが、

徹甲榴弾はゾラ+ナルガ(orディア)の砲術極意+真弾丸節約(orKO術極意)で固定であり、砲術極意をつけるために4部位必要なブラキ装備は使えません。おまけで付いてくるものが徹甲榴弾的にはそこまで嬉しくない挑戦者や、つける意味がない弱点特攻なので厳しい。

(徹甲榴弾はダメージ上限があり、しかも簡単に到達してしまうため、ある程度まで攻撃力を上げた後は手数を増やすための真弾丸節約採用の方が火力が高くなります)

属性弾は現状では真龍脈覚醒装備で固定であり、他の装備が使えない状況にあります。

よって、ブラキ、ラージャン装備を使うなら物理弾になると思うのですが、ライトボウガンは物理弾が非常に弱いためお世話になりにくいという感じになります。

もし使うのであれば貫通ライトにブラキ装備の挑戦者極意が採用されるかもしれません。これまで使っていた装備から力の解放3、弾丸節約を無くすことで挑戦者7、渾身1を増やすことが可能でした。敵の怒りを維持して挑戦者を発揮させ続ければこれまでの装備よりも火力が高くなると思われます。クローを使って怒り維持するのが面倒ですが…。

というのが今回の追加装備でした。ライトボウガン視点では周回用装備では特に更新はなく、作る必要はそこまでなさそうな感じですね。TA用の装備と考えると貫通ライトで挑戦者極意は輝くかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました