【MHWI日記】極ベヒーモスを全武器種で討伐してみての感想

スポンサーリンク

感想

先日、配信で全ての武器種で極ベヒーモスのソロ討伐に成功しました。

ワールド時代にもチャレンジしていたんですが、その時はボウガン2種、弓、ガンランスの4種類ぐらいでしか討伐できなかったのでリベンジが果たせてよかったです。

プレイしていて思ったのは、やはり近接武器が辛いという事。ボウガン2種は一方的に攻撃出来たり、危ない攻撃も回避しやすかったりと言うのもあって簡単だったんですが、近接武器はこちらの攻撃モーションの出始めに攻撃を合わされるとどうしようもなかったりする事が多く、イライラする事が非常に多かったです。

隙を潰して行ったり、攻撃範囲を広くしていくとガンナー以上に近接が辛くなるというのを実感できました。是非みんなも挑戦してみよう。

個人的な極ベヒーモスソロ討伐しやすさランキング

※基本的に近接武器は初心者です。

14位 太刀

火力を出すための兜割りが出しにくかったり、ゲージがない時は見切りがうまく発動しないのが辛かったり、きちんとゲージ維持をしないとダメだったり、△の縦振りや鬼人切りに攻撃を合わされて被弾をする事も多かったりと地獄のように辛かった。

個人的にはぶっちぎりで難易度が高く、もう2度とやりたくない。凄まじくストレスが溜まる内容だった。

13位 大剣

溜める余裕があまりなく、ひたすら抜刀斬りを前足に当てる感じになり、時間が危なかった。頭にクラッチクロー攻撃で1発で敵視が取れるのは良かったが、火力を出すのが難しかった。

12位 片手剣

リーチが短く、攻撃を当てるのが大変だった。また、クラッチクロー攻撃を連打すれば敵視が取れるといってもやはり敵視を取るのが大変。

ただ、機動力のおかげでやりやすいというのはあった。

11位 ランス

カウンター突きなどでつんつんしてれば余裕でしょうと思っていたら思った以上に火力が出せず、時間との勝負感が半端じゃなかった。

ミールストームを連打された場合も地獄で敵視を頑張って取る必要があるのもちょっと大変。

・10位 操虫棍

機動力があり、リーチもあり、虫を飛ばして敵視を取る事も一応可能だったりする。が、火力が出しにくくて時間がギリギリになってしまった。それでもこれより上に書いてある武器よりは遥かに楽だった。

・9位 弓

顔にひたすら当てていく事になるが、それが結構大変。また回避、スタミナ管理も大事になのでその辺りも大変だった。

が、火力も高く、近接よりは攻撃も回避しやすかったのでまたやりやすい方だった。

8位 ハンマー

オトモに盾を持たせて後足を殴る感じ。オトモとカカシが注意を引いてくれるとかなり楽になるが、こちらが狙われると地獄になる。

オトモ無しなら大剣と片手剣の間に入りそうなぐらいには辛かった…。

7位 スラッシュアックス

装衣を着てクラッチから零距離解放を繰り返す。尻尾に捕まれば比較的安全な上、後ろ足にクラッチクローを当てても尻尾に貼り付くのもありがたかった。

ただ、なぜか前足にくっついて一気に転身を削られたり、装衣がない時がかなり大変なのは辛かった。

6位 チャージアックス

オトモに注意を引いてもらい、氷チャアクで△→△+〇→△→△+〇→…を繰り返すだけの簡単な作業。リーチが短いのが難点だが、斧モードを使わないので機動力もそこそこあり、かなり楽な部類だった。しかし、これより下は更に楽。

5位 双剣

前足に向かって〇ボタンの突進連斬で近づき、△を連打するだけの簡単なお仕事。機動力も高く、火力もありかなり楽。近寄るのも離脱するのも楽な突進連斬最高です。

4位 狩猟笛

氷属性の笛で自己強化を吹き、オトモに注意を引いてもらって、後ろ足に〇連打するだけで討伐可能。下手に△+〇の叩きつけやL2のぐるぐるする奴を使うより〇連打するだけの方が安定していた。

笛初心者でも20分ぐらいで倒せるのでかなり強力だと思います。

3位 ガンランス

肉質無視+上位補正により極悪な火力が出せた。適当に起爆竜抗を貼り付け、突き→砲撃を繰り返し、隙があれば竜撃砲を当てる感じで20分切れる。

生存スキルを盛りやすく、ガードも回避もしやすいのでかなり強い。

2位 ヘビィボウガン

氷結ヘビィ、徹甲ヘビィでのプレイが恐ろしく楽で強力。

オトモに注意を引いてもらい、氷結弾を後ろ足に当てるか、徹甲榴弾と拡散弾をどこでもいいので当てるだけで11分ぐらい出せる。

難点は補充が多い事と、オトモの頑張りにかかっている事。

1位 ライトボウガン

単発氷結ライト、徹甲ライトが極悪。ヘビィと違い、機動力もあるのでオトモ無しでも簡単に討伐可能。ヘビィより少し遅くなってしまうが、倒すだけでいいながら徹甲ライトを持っていくのが恐らく一番簡単。

なお、こちらも補充が多い事が難点。

タイトルとURLをコピーしました