【MHWI日記】氷刃佩くベリオロスと氷刃ベリオライトの感想

スポンサーリンク

氷刃佩くベリオロスの感想

8/7(金)に追加された氷刃佩くベリオロス。ベリオロスの特殊個体という事でどうせクソモンスターだろと思っていたら意外な事に良い感じのモンスターでした。

結構動き回るんですが、理不尽だなと思う攻撃は少なく、体力も少な目。竜巻付きブレスのようなものも無ければ乱入も少なく、大体縄張り争いしてどちらかが移動という流れで乱戦も少ない。

初期地形が狭く、最大金冠レベルの個体だと地獄のような状態になるんですが、ボワボワのいる開けた所に誘導したり、下側の広い空間に誘導するのも容易なので普通に戦う分なら気にならず、地形の面でも悪くない感じ。

困った点は
・壁に貼り付くような動きが暴れすぎて面倒。
・属性があまり通らないのでライトボウガンだと属性弾より徹甲の方が早くなりやすい
という2点が辛い。

壁に貼り付くようなモーションを取られるとそこから一連の飛んでブレスして~みたいな連携が飛んでくるので長時間狙いを定めるのが難しくなる。無駄に時間を稼がれてるようで結構不満。

肉質面では腕の棘の部分と頭はそこそこ属性が通るっぽいんですが、棘の判定が滅茶苦茶小さくて狙って撃ち続けるのが困難。頭も小さい上に良く動くし、そこから他の部位を貫通させようとするとこれもまた難しい。これらの事から徹甲安定感が半端じゃなくて作業になりがち。

普通に戦う分なら良いモンスターで元のベリオもこれぐらい改心してほしいと思いました。ただ危険度2なので多分戦う機会は少ないだろうなと思います。

氷刃ベリオライトの感想

何故アルバライトの後に実装されたのか。

氷結弾が反動小、回避装填で3発行けそうな感じだったんですが、既にアルバライトが反動小リロード速いを実現してしまっているため氷結弾では出番無し。

では他の弾はどうかと言うと
・通常弾はゴミ。装填数1で生き残れるわけがない。
・貫通弾も同様。
・散弾は散弾3ライトとして見ると更新しているが、リロードやや遅いの使いにくさに耐えられる猛者は少数だと思います。私は耐えられません。
・斬裂弾は地味に装填数が1多く、おそらく更新してます。が、持ち込める弾数が元々少ないのでそもそもメインの弾にできるような弾じゃない。

という事で、あえて使うなら散弾3運用になると思います。ライトボウガンの散弾はヘビィボウガンより射程が短くて滅茶苦茶使いにくいのに、更に傷つけも維持するのが困難、そこにリロードやや遅いで足が止まるのでぶっちゃけ使えたもんじゃないと思います。

結論:散弾3ライトを愛している人以外は作る必要も無いレベル

タイトルとURLをコピーしました