【ウマ娘】ヴァルゴ杯は決勝Aグループ行けた!

スポンサーリンク

ラウンド2は4勝して決勝Aグループ行けました!
レオ杯はBグループだったのでこれは嬉しい。

ラウンド2もラウンド1同様、強い逃げ(セイウンスカイとか)、差し(ウオッカ、オグリキャップ、グラスワンダーなど)、追込(ナリタタイシン、ヒシアマゾン)辺りが頑張ってて先行が死んでる感じでしたね。

ラウンド2はみんな強い人だった分、1勝とか2勝で終わるパターンが多かったのが辛かったです。
スピード1200は当たり前で、パワー1000~1200、賢さ800~1200、マイルSで更にスキルもいっぱいみたいな感じなのがうようよしてて震えるわ。

あまりに勝てない事が多かったので色々試してみたんですが、結局手持ちだと水着マルゼンスキーが一番頑張ってる感じでした。

以下、ラウンド2で使ったウマ娘の感想。

↑ラウンド1で使ってたウマ娘はこちら。
ほとんど被ってるので今回は新たに使ったウマ娘だけ画像を貼っておきます。

水着マルゼンスキー

ラウンド2開始時点だと全然勝てなくて抜いてた事もあったんですが、戻してみたら上の方の画像のようにめっちゃ勝ちまくって結局は水着マルゼンスキーにAグループ決勝に連れて行って貰う感じになってました。

完成された究極完全体逃げウマ娘が相手の時はどうしようもないんですが、そこそこの逃げなら地固め+アオハル燃焼+固有スキルで1位を取りスピードイーター+セイウンスカイの固有で逃げ切ってくれることが多い印象でした。

あとはどの程度作用してるかわかりませんが、カレンチャンの幻惑のかく乱で他の差し、追込が他のウマ娘にブロックされて差せなくなってる事が多いような気がしたのでそれも影響してると思います。

サイレンススズカ

水着マルゼンスキーが勝てなかった時にヤケクソで使ってたスズカ。

何故かスズカ3人出走(プレイヤー3人ともスズカを使用)という異常事態もあったりして結構楽しかったです。

なお、当然のようにボロボロでした。そらそうよ。上の水着マルゼンスキーでギリギリなんだから…。

自前でコンセントレーション、逃亡者が付くし、サポートカード次第ではもしかしたら結構行けるのかもしれないという気がする。

セイウンスカイと水着マルゼンスキーよりは少ないですが、3番目に多い逃げだったように思えました。
4番目はスマートファルコンのイメージ。
※使用しているのを目撃した数の話です。

カレンチャン

地味に我がチームを支え続けた影の立役者のイメージ。
ラウンド2でも2位とか取る事が多かったです。1位は少なかったですが…。

何故かわからないんですが、固有無しでめっちゃ粘りを見せて2位を取り続けることが多く、固有が発動すると逆に3~5位ぐらいに甘んじるという事が多かったです。もうよくわかんねぇな。

水着マルゼンスキーが1位を取ってスピードイーター発動→カレンチャンが前に出て幻惑のかく乱発動→他のプレイヤーの差し、追込がブロックされてなかなか前に出れない所で自分の出した3人が前で暴れるという流れが非常に強力なイメージでした。

カレンチャンが強いというよりは幻惑のかく乱が強かったのかもしれないです。
エアグルーヴとかも時々見たのでそういう事かも。

オグリキャップ

水着マルゼンスキーが不調の時にヤケクソで出した先行オグリキャップ。

致命的なレベルで悪い訳じゃなかったんですが、それでも全然奮わず、これ入れるなら水着マルゼンスキーが入れた方がいいだろという感じでした。

水着マルゼンスキーが居ない時、相手の逃げがセイウンスカイ1人だけの時がありましたが、固有使われても馬郡が伸びてないのでウオッカが追いつけるという展開があったので半端な逃げ入れるぐらいならいない方が良いというのは感じました。

ヤケクソで出した差し型オグリキャップ。

先行と違いマジでいい所なしで酷い有様でした。この程度のステータスで満足してはいけないようです…。

ウオッカ

なんやかんやでラウンド2も頑張ってくれるだろうと思ったら、他の人の差しが強すぎて負ける事が多かったです。稀に1位取ったりしてましたけど…。
でもそれってデバフを振りまく事もないカレンチャン状態なのでもうダメかもわからんなって感じでしたね。

最期の方、ヤケクソでこのウオッカ出してたんですが、これが意外と頑張ってました。
このウオッカの長所はこれまで使ったウオッカより賢さが高いという一点なんですが、明らかにこれまでのウオッカより善戦してる感じ。

使ったウオッカは(全部マイルA、芝A、差しA)
1号:スピード1200、パワー1050、賢さ881、弧線のプロフェッサー、マイル直線◎
2号:スピード1200、パワー1147、賢さ581、差しのコツ、ルフルフ継承
3号:スピード1080、パワー1018、賢さ941、ルフルフ継承、垂れ馬、マイル直線◎、マイルコーナー〇
みたいな3頭だったんですが、この中で一番強そうだったのが3号という感じ。

1号はラウンド2で25戦で1位4回、2位2回、3位2回、圏外17回という感じ。

3号はラウンド2で10戦で2位4回、3位2回、圏外4回。明らかに圏外率が低いです。

3号は賢さの高さからか、時々レース中盤時点で先行カレンチャンより前に出て3位~4位辺りで最終コーナーに進むとかやることもありました。
まぁそういうレースは逃げ2頭以上かつセイウンスカイが1位みたいなレースばかりだったので2位止まりだったんですけど…。

多分スキルが充実してるとかマイルSなってるとかでもない限り、賢さ高めて中盤までのスピードを上げ、何とか追いつけるような距離を保たないと危ないのかなという気がしました。

特に賢さが低い2号は色んな人が混じってるラウンド1の時点でどんなにスキルを発動させても全然追いつけなかったので賢さの重要性は大きそうな気がしました。

恐らく追込も似たようなもんだと思うので、今後の育成はどの脚質、どの距離でも賢さのサポートカードを2枚ぐらい入れて育成するのがいいのかなと感じるラウンド2でした。

タイトルとURLをコピーしました